Automate your Marketing
with Womplify




 
masam-masam manis alam universitiku
bahagian 20 - noktah      
By: aji gunma

[Recommend this Fotopage] | [Share this Fotopage]
[<<  <  [1]  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  >  >>]    [Archive]
Friday, 28-Mar-2008 06:16 Email | Share | | Bookmark
bahagian 20 - noktah (tamat)

alhamdulillah, selesai peranan di gunma.
maka tamat la fotopages yg dhaif nih sepenuhnya.
maafkan aku jika sebarang tulisan atau gambar dlm fotopages ni menyinggung perasaan sesiapa.
semoga semua pembelek fotopages ni mendapat manfaat drpd apa yg terpapar dlm fotopages ni.
yg baik tu drpd Allah, yg kurang baik tu pun drpd Allah yg disandarkan pada aku.





cukup la setakat ni dulu..




Izin Ku Berundur
Slam


Sudah hukum dunia
Dalam memilih langkah
Ada kala perit ada jua sebaliknya
Satu masa bersama
Tiba tika berpisah
Walau hati kita tak sepenuh rela

Bukannya ku sengaja
Timbulkan masalah
Tapi kehendakNya
Kuturut kaki melangkah
Kerna ada waktunya
Diri dapat beralah
Dan ada detiknya
Aku tak terdaya

Walau ditakdir tak dapat lagi bersama
Namun kenangan terus membara
Di lubuk jiwa

Kerna tak pernah diri ini disakiti
Malah kau akan pastikan aku
Tak tersisih

Oh... Cuma jodoh kita tiada
Kerana aku perlu memikirkan
Di suatu ketika mana aku, mana engkau
Tapi kuyakin kau tetap bersinar
Walau tak seiring seperti mana
Yang telah kita lewati

Aku terpaksa memilih cuma satu jalan
Biar keduanya sama kusayang
Terkilannya hati
Namun apa daya
Itu hakikatnya
Izinku berundur... yeah

Namun apa yang kupinta
Agar di hatimu tak akan menyimpan
Dendam dan benci

Maaf, maafkanlah aku
Jauh di hatiku
Kau bukan seteru
Panjang umur kan bersama
Tapi berbeza
Yang pentingnya kita dapat
Sama-sama mencapai cita-cita hidup kita





>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>






このまま君だけを奪い去りたい
DEEN


作詞 上杉昇  作曲 織田哲郎

静かに 佇(たたず)む 街並み
  はしゃぎ疲れ ただ優しく
  忘れたはずの このさみしさ
  ムネの扉 たたいた

  君の瞳には ボクが にじんで
  消えゆく 愛を しった

  このまま君だけを 奪い去りたい
  やがて朝の光 訪れる前に
  そしてまたあの日見た
  夢を叶えよう 二人素直なままの瞳で

いつまでも信じていたいよ
  心震えるほど
  愛(いと)しいから

  懐かしいブルーの雨傘
  ざわめく街で 君に会った
  うつむき 歩く そのくせは
  今も あの日のままだね

  ふいに呼び止めて  笑いあえたら
  言葉さえもいらない

  このまま君だけを 奪い去りたい
  胸の奥でそう 叫んでいるようだ
  誰一人 わからない
  遠い世界で 君を守ろう 心燃やして

  いつまでも 抱きしめあいたい
  永遠(とわ)に戻ることのない 時の中で

  このまま君だけを 奪い去りたい
  やがて朝の光 訪れる前に
  そしてまたあの日見た
  夢を叶えよう 二人素直なままの瞳で

いつまでも信じていたいよ
  心震えるほど
  愛(いと)しいから






Thursday, 27-Mar-2008 08:40 Email | Share | | Bookmark
next 3

gudlak..











Thursday, 27-Mar-2008 08:34 Email | Share | | Bookmark
next 2

 
 
 
View all 10 photos...

tahniah!


Thursday, 27-Mar-2008 08:14 Email | Share | | Bookmark
next 1


selamat tinggal vivio



tuan baru




Monday, 24-Mar-2008 12:26 Email | Share | | Bookmark
final nabe

 
 
 
View all 5 photos...
mlm smlm ber'wata'nabe kat umah miya.








少年
Deen

クラスに溶け込むのは決して上手くなったあいつ
嘘だけはつかない心優しい少年だった

後ろに回した泥だらけの帽子
夢を追ったね暗くなるまで

遠い夏の日
探していた宝物は見つかったかい
都会の流れに
大切なこと忘れそうな時は
君のまっすぐな瞳が見つめてる

僕は週末以外ネクタイ締めてありきたりな日常(ひび)
不満も少しあるけど信じてるよ新しい朝を

どんあ辛いこと起きたとしても
無口で逃げる真似はしたくない

遠い夏の日
探していた宝物は見つからないけど
家路を急ぐ少年たちを眺(なが)めていたなら
君の笑い声聞こえた気がして

何かをあきらめることが
大人になることじゃない
捨てるもの一つもなかった
あの日の僕らのように
自由に...

遠い夏の日
探していた宝物は見つかったかい
都会の流れに
大切なこと忘れそうな時は
君のまっすぐな瞳が見つめてる





[<<  <  [1]  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  >  >>]    [Archive]

© Pidgin Technologies Ltd. 2016 | Powered by Womplify

ns4008464.ip-198-27-69.net